秋に意識したいwellness foods

お盆休みが終わった途端、急に秋の気配の今日。

(まだまだ油断禁物ですケド…)

『genkinocoto ウェルネスライフサポート』から、秋の食養生について…ひとつ。

季節の食材は私たちが生き抜くために意味があります。

例えば、今の季節、スーパーには梨やブドウが並んでいますよね。

これらは、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、潤いを補ってくれる食べ物です。

朝晩の気温の低下に伴って、夏の暑い時期に行われていて皮膚呼吸による水分や老廃物の代謝が

少なくなったり、空気の乾燥によって気管に負担がかかり、鼻や喉に症状が現れやすくなります。

だから、乾燥を予防する食べ物がおススメなのです。

東洋医学の観点から見ると、秋は「肺」の働きが乱れがちなので、トウガラシやネギ、生姜、

コショウなどの辛みを摂り、発汗や発散の作用を高めて、気の巡りをよくすることも大切です。

 

 

そんな今日のウェルネスランチはインドカレー。

巨大ナンと辛み摂取しました 

 

 

 

ただし、肺は大腸と協力体制で機能するので、摂りすぎは腸への負担が大きく、便秘などを引き起こす

可能性もあるので要注意です

 しっかりと食べ物から潤いを摂り、「気」を補ってくるべき冬に備えましょう。