その「不調」放っておいて大丈夫?

「未病」という言葉を知っていますか?

東洋医学の考え方ですが、例えば、何だか不調…といったように継続した自覚症状が

あるにも関わらず、病院で検査しても異常が見つからない状態を「未病」と呼びます。

西洋医学では、検査で異常がない限り「病気ではない」とされ、治療もされないことが

多いのが現実ですが、何らかの不調こそ病気への一過程で、身体の発している警告と捉え

何かしらのアプローチをしていく、病気になる前の対策(生活)が注目されています 

パシフィコ横浜で開催されている「未病Expo2018」に行ってきました。

やっぱり、大切なのは「食べる」「休む」「運動」の3本柱。

最近読んだビジネス雑誌には、これからシニア世代の雇用環境は広がる…と。

そして、その中で勝ち組になるのは「健康なヒト」だと書いてありました。

100歳まで生きる時代(世代)の私たち、健康であることは選ばれるヒトの条件の1つ

である事は間違いなさそうです