その食事で大丈夫?

先日見つけた、ほとんどの現代人は「栄養素」が足りていない…という記事に興味深々。

こんな飽食の時代に?と思いますよね。

私たちの生命活動に欠かせない栄養素は 

① エネルギーのもとになる…炭水化物(糖質)、脂質

② 体のつくるもとになる…タンパク質

③ 体の調子を整えるもと…ビタミン、ミネラル、食物繊維

その記事によると、脂質が足りていない人はまずいない、むしろ過剰。

それ以外は、ヒトによって何かしら不足が起きていて、それによる身体の不調があるとのこと。

健康診断などでそれが何なのかを見極めることもできないので、素人の私たちが自分の力で

把握するのはとても難しいコト。

ある女性を思い出しました。

彼女と初めて会った時、失礼ながら実年齢より15歳は老けた印象でした。

しっかりした骨格に女性らしい肉付きは全くなく、髪も薄く、化粧っ気のない彼女の肌には

血色というものが全くなかったのです。

話してみるととても楽しい方で、「この印象、もったいない」などと思ったものでした。

そして、何より驚いたのは今の時代に彼女は、「栄養失調」だったのです。

彼女の食生活は、朝ごはんにサプリメント、お昼はカップラーメンとおにぎりかコンビニの

パスタ、夜は近所のお弁当かコンビニのお惣菜にお酒。これがほぼ毎日…

炭水化物と脂質で作られた女性の姿でした。

極端な例ではありますが、私たちの身体は食べたものでできていますから、正直です。

弊社の「パーソナルウェルネスライフサポート」では、日常的な栄養素不足を改善または

そうならないための食事(食べるcoto)管理を行っています。

実際の食事を記録して頂き、食のプロが添削、より健康増進のための食事プログラムを

ご提案して、実行していくというPDCAプログラムです。

1年後の今より健康な身体のために、今一度、毎日口にしているものを見直してみませんか?