質のよい睡眠のために。

めっきり涼しくなってきて、いつもより眠さを感じませんか?

身体は、夏の疲れを調整し、迎える冬に向けての準備をしているので

なるべくゆっくり心身を休めましょう。

今日も睡眠についてのおはなし 

前回は、こちら ( https://ageru.co.jp/2018-09-21/

私たちの身体は、朝の太陽光で体内時計をリセットし、セロトニンという物質を分泌し、

これにより活動モードに切り替わります。

そして、14~16時間経過すると、日中作られたセロトニンを材料にして、メラトニンの

分泌が徐々に高まり、眠気を感じ始めます。

ところが現代の生活では、この体内リズムが上手くいかず睡眠に関するお悩みを抱える人も

多くいるのです。

健康に欠かせない睡眠を質の良いものにするために。

朝目覚めたら、太陽の光を浴びましょう 

朝食には、セロトニンの合成に必要なトリプトファンを含む肉・魚・乳製品・豆類や

ビタミンB6を含む鶏肉やさつま芋を摂取しましょう。

昼間に体を動かすことも忘れずに。

就寝前の携帯電話やパソコンのブルーライトもタブーです。