医食同源の知恵(七草)

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

 

皆さんは「七草粥」は召し上がりましたか?

セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ、ゴギョウ、ハコベラ…

これらは、健康に役立つ栄養いっぱいの日本のハーブです。

医食同源(薬も食も源は同じという考え方)の知恵を活かした健康食で

中国の考え方がもととなって、日本でも平安時代頃から同じような風習があった

ようです。

魔除け、五穀豊穣、無病息災を願うとともに、お正月に食べつかれた胃腸を労わる

という意味もあります。

七草には、胃腸をスッキリさせる、むくみ解消、風邪予防、二日酔い解消、ビタミン・

ミネラル補給のほかリラックス効果まであるのです。

ただのはっぱ ではないですね…

健康を意識しながら、日本の風習も大切に日々を送りたいものです。